結婚指輪の知って得する豆知識をご紹介!多くの方が抱えている疑問に答えます!

当サイトでは結婚指輪の知って得する豆知識をご紹介しています。
多くの方が抱えている疑問にお答えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
マリッジリングの素材としてプラチナが人気なのは何故なのか、気になる人は多いでしょう。
それからかつて、マリッジリングの購入費用は給料3ヶ月分と言われていたこともありました。
その由来についても、疑問に思われることは多いはずです。
これらの謎をスッキリと解決させたい人におすすめです。

結婚指輪の知って得する豆知識をご紹介!多くの方が抱えている疑問に答えます!

結婚を控えて、結婚指輪を購入しようかと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかしそれまで結婚指輪と縁のない生活をしていると、色々と疑問に思うことも多いものです。
とはいえ疑問を持ちながら結婚指輪を購入してしまうと、モヤモヤが残ってしまう可能性もあるでしょう。
質の良いプラチナやゴールドなどを使っているものは、それなりの価格でもあります。
そのようなことから、もし結婚指輪を購入するならば豆知識を調べて疑問点を全て解決させるのがおすすめです。

そもそも結婚指輪とは?婚約指輪の違いは?

結婚指輪と婚約指輪の違いは、結婚の証として贈る指輪かそれとも結婚を約束したことの証に贈る指輪なのかです。
結婚指輪は男女双方で贈りあうのに対して、婚約指輪は男性から女性に贈るものであり、必ず用意しなければいけないと決まっているものではないです。
ただし関西エリアでは婚約指輪を結美和として結納品に含めており、結納当日に披露するのが習慣となっています。
これに対し関東では結納品には含まれませんが、用意する場合は両家顔合わせや結納の席で披露するのが一般的なようです。
結婚指輪と婚約指輪では価格やデザインに違いがあり、結婚指輪の相場はペアで20万~25万円未満で日常的に指にすることを前提にしているのでデザインもシンプル、宝石がついている場合も小さくて数が少なく、ない場合もあります。
これに対して婚約指輪の相場は1個で20万~40万円程で、デザインは一粒ダイヤを爪で留めるデザインが主流です。
価格はダイヤモンドの大きさや輝きで異なります。

結婚指輪の起源は古代ローマまで遡る!

結婚指輪の起源は古代ローマ時代に鉄の指輪が用いられていたことに由来するといわれています。
鉄の指輪が用いられるようになったのは、ギリシャ神話でプロメテウスが火を人間に与えたことにより、豊かな暮らしと同時に戦争が起こるようになったことをゼウスが怒り、罰としてプロメテウスを鎖で岩山にはりつけにされた話にちなみます。
後にプロメテウスは解放されますが、はりつけにされていた岩山の破片と鎖で指輪を作ることでゼウスに服従を誓います。
古代ローマで結婚指輪に鉄が使われていたのはこの神話が基になっているとされており、当時、女性よりも上位である男性に対して女性が忠誠を誓う印として鉄の指輪をしたのです。
結婚指輪を左手の薬指にするのは、当時は左手には心臓からつながる太い血管が走っていると信じられており、心臓には大切な感情が宿っていると考えられていたからで、最も大切な指とされる左手の薬指に指輪をはめることで忠誠を誓う証としたとされています。

結婚指輪を左手の薬指につける理由とは?

日本では結婚指輪を左手の薬指につけるのが一般的ですが、必ずそうしなければいけないという決まり事があるわけではなく習慣です。
そもそも結婚指輪を男女で交換するようになったのは9世紀頃とされており、当時の法王が花嫁には金の指輪を花婿には鉄の指輪を交換したことから始まったとされています。
薬指に指輪をするようになった理由はいろいろいわれていますが、古代ギリシアでは心臓には心が宿ると信じられており、またその大切な心臓から左手の薬指に太い血管が通っていると考えられていたからだという説があります。
大切な指に指輪をすることで相手の心を掴み、自分に結びつける誓いの証としたからです。
日本では左手にすることが一般的な結婚指輪ですが、海外では右手の薬指にする国もあります。
たとえばドイツや北欧ではそうですし、宗教によっても違います。
キリスト教の1つプロテスタントを信仰する人の間では右手の薬指に結婚指輪をすることで生涯変わらぬ愛を誓います。

結婚指輪を購入している人の割合はどれくらい?

結婚指輪を購入している人の割合ですが、だいたい想像されるとおり、これは相当に高いです。
どのような調査を行うかによっても差はあるものの、少ない統計でも9割は結婚指輪を購入しており、高い結果だと97%とか98%といった、ほとんど全員と言えるくらいの数字が出ていることもあります。
結婚すれば指輪は当然購入するものと思っているというか、別の見方をするとそう思わされているということになるかもしれません。
ただ、数パーセントから1割程度とはいうものの、買わないカップルも一定数いることは間違いなく、その理由は気になるところです。
最も多いのは単純に金銭的というか経済的な理由で、お金に余裕がないので買わないというか、それだけのお金があれば結婚後の生活に回したいということかもしれません。
確かに購入となるとあまりの安物ではかえって何かおかしく、二人で少なくとも十万円とかそれくらいの金額にはなってしまいます。
他には、アクセサリーに興味がないという人もいます。